公開履歴
白と青のカプセルと瓶

男性器が勃起できずに満足な性行為が行えなくなるEDは、突然発症するというものではなく、必ず前段階で原因が存在しています。
勃起をするためには正常な精神状態で、神経や血液の流れなどが健康的であるというのが条件で、特に海綿体に流れる必要のある血液は重要な要素となります。
EDになりにくいという人はいませんが、逆になりやすいという人の傾向はあるので、それらを理解して十分に予防に役立てるようにしましょう。
血液の流れが最重要のため、栄養のバランスを無視した偏食は控えなければいけません。
脂っこい食事を好んだり、塩分など味の濃いものを食べる人は、血液が凝固しやすくなります。
また、喫煙は血管を収縮して動脈硬化にも繋がりますし、お酒を飲み過ぎる人はいざ性行為をしようとしても酔いすぎて勃起ができなくなる可能性が高まります。
普段から勃起していれば問題ありませんが、滅多に勃起を行わないという人は、徐々に性機能が退化してしまい勃起が難しくなるので、射精をしないまでも1日に1回は勃起をすることが必要だと言われています。
仕事をしていると運動をする機会が減りますが、運動不足になると血管の柔軟性が下がり血液循環が上手くいかなくなります。
特にデスクワークを主にする人は、椅子に座った状態が多く、陰茎を圧迫して血液が流れにくくなることからEDを引き起こすこともあります。
運動だけでなく睡眠不足も体調を悪くしたり、ホルモンバランスを崩すことで性欲が減退したり、勃起障害への影響を強めます。
また、運動は血液の循環だけでなくストレスにも関わっていて、発汗によってストレス解消となるのですが、ストレスを溜め込みすぎると精神的なEDを引き起こすことにもなります。
勃起が出来ずにがっかりするのも1回や2回ならまだしも、繰り返し起こることで自分が駄目なのだと暗示にかかり、トラウマとなって余計に悪化することにも繋がります。

記事一覧
薬を飲む男性

男性器が上手く勃起できない状態、または勃起できてもすぐに萎えてしまう状態は、満足な性行為ができず少な...

悩んでいる男性

男性器が勃起するためには血液の循環が非常に重要で、海綿体に血液を流し込むことで硬く力強い勃起ができる...

サイト内検索
人気記事一覧
最近の投稿
アーカイブ